f_blue な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 「付箋」

<<   作成日時 : 2018/06/15 09:27   >>

トラックバック 0 / コメント 8

画像




 付箋

木造モルタル2K風呂無しアパートの畳に涙をたれしことあり

雑餉隈西鉄沿線踏切ゆいくほどもなき路地の奥なり

九十日余りの命の融ける時の痛みといへど陣痛ならむ

覚悟なきからだにおきた 覚悟なきこころにおこる 感情はなに

泣いたのか泣かなかつたのかそんなことも思ひ出せない思ひ出さない

十円玉コップにためて一ヶ月 受話器の母はただに泣きたり

長距離の電話料金をしみたる若さは依怙地今もいこぢで

進んではいけないといふ声がするボディーブローのやうに声する

物音の大きいのは怖い人声の大きいのも嫌 障子の内に

嫌なこと怖いことから目をそらしテレビに波のハワイを見てる

ぬるま湯に干大根をはなちおく夕べ冷たい雨が降りたり

一盛りの鰯を指の腹にさくぞろりつみれの生姜はおほめに

細かなこと見えねばあらぬものとして掃除をすます掃除機に任せて

塚本邦雄『茂吉秀歌』のケースのみありて中身がきえてしまひぬ

珈琲の冷めゆくままに友よりの歌集読みゆく昼さがりなり

読書用メガネにしませうと医師いへりあはれ四十八歳の春

おもひでになだるるはかりの歌である冬の出口を探さむとして

三月であれば日差しはあかるみて草餅おはぎいちご大福

海ちゃんに苺を届けにいきませう弥生つごもり桜はつぼみ

海ちゃんはぐんぐん大きい六歳でレスリング部に入れむとこそ思へ





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
祝・再開! と思ったら一ヶ月分まとめての怒涛の再開なんですね。
生きる力(←陳腐な言葉ですが、今の僕にはちょっとばかり必要)をいただきました。
tamaya
2018/06/17 07:53
☆tamayaさん
ご無沙汰でした^^
しばらくは慣らし運転で、少しづつです。ここにアップしておくと、ブログ内ワード検索で、自分の歌を取り出しやすいのです。

tamayaさんにはもうしばらくハードな日々が続きますね。tamayaさんも、徐行運転で、ご無理のなきやうになさってくださいな。
今年の浜松は欠席の葉書を出しました。また、会おうぜ(^_-)-☆

2018/06/17 08:08
再開されてうれしいです。心配しましたよ。7月詠草係ありがとうございます。
まるこ(前のニックネーム忘れちゃいました...
2018/06/18 14:44
☆まるこさん
ご心配、ありがとう!
一度つまづくと、立ち直りが悪くて、ついずるずると・・・。
たまっていたことなど、少しづつはけてきて、一息ついています。と言って、ぐうたらすると、またすぐに団子になるんだけどね((+_+))

7月、楽しみに♪

2018/06/18 18:18
ああ〜やはり!
S子
2018/06/23 12:44
☆S子さん
はい、わたしけっこうダメダメなんです。
家に籠ることが多くなると、体力が落ちて、体力が落ちると、気力も落ちて...。
月に一度の歌会などで、いろいろエネルギーをもらって、なんとかがんばっていまーす(^_^)

2018/06/23 15:36
お元気ですか。
暑さ揺るがず、詮方なくて、徒歩往復40分の雑餉隈のいきつけで
パーマしてきました、5ケ月ぶりです。
涼9月を願って?  いっぱいのお客でした。

雑餉隈は珍しい地名とは思っていましたが、全国随一の難読地名で
各所で度々取り上げられていること、博多区唯一の西鉄電車の停車駅、
なんて知らなかった。福岡市在住17年、うっかりでした。
雑餉隈の由来の一つ、<大宰府の官人の雑掌居があったことによる>は
菅原道真の時代を思わせて、なかなかよろし。


2018/08/31 16:13
☆理さん
おぉ、雑餉隈!
40年前はごちゃごちゃとした住宅地のようなところだったかと。そのあと井尻に引っ越したのでした。
そうか、難読地名だったのですね。歌、フリガナを付けた方が良かったかも。うん、確かに、博多の人でないと読めないかもしれない。
大宰府にもよく行ったなぁ。子どもたちも梅が枝餅が大好きでしたよ。

わたしも、そろそろカットに行かないといけないや。

2018/08/31 20:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
「付箋」 f_blue な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる