「不要不急の」

P1050402.jpg  


  不要不急の

満中陰に集ひし一家眷族の子嫁婿孫曾孫甥姪

初節句もものお花のヘアピンをあかごの髪に付けむとするも

じようびたきに案内される春の道とほまはりして郵便局まで

ひよどりのほほの赤茶が日に照りて桜花芽ははじけむばかり

川岸に腰をおろして、黄せきれいとんび飛行機みな飛んでゆく

花びらがふりくる川面を初つばめ過りぬたれにもあはない四月

おばあちやんは怒らないのと七歳に訊かれてガオーと吠えてみるなり

おとがひのラインがすこし尖りきて二年二組に進級をせり

晴雲トンネルぬければ山の陰りには雪のこりゐて中国山地


「ゆめ」

P1050275.jpg

  ゆめ

雪原をあゆみしのちの目の闇の緑の春はいまだし遠し

朝まだきかまどの湯気ののぼりくる 杵搗く音はすこしくぐもり

掛布団はねのけ土間へかけおりるおもちつきだねお餅搗きだよ

じいちやんが降り下ろす杵つき臼からお餅がはねる相の手が「はい」

ばあちゃんの鼻水ぽとりあんこ餅うる餅芋餅ぬくぬくできた

前髪の毛たぼのかろししぼしぼの赤い鹿の子を桃割れにまく

初髪の桃割れにさすかんざしのつまみ細工に揺れるビラビラ

百足屋の足袋はキャラコの白足袋で小鉤をとめるくすぐつたさに

首すぢにさやるウールの暖かさ母仕立てたる朱の格子縞

夜半の波がシーグラスひとつ零したりやがて涙は枕をぬらす



  tamayaさん、ありがとう。

「土佐文旦」

P1050271.jpg

  土佐文旦

六歳と凧揚げをして電線に凧をからめる正月七日

恵利さんに頂戴したるチョコレヰト舐めなめ帰るチョコレヰトは愛

喪中欠礼賀状寒中見舞ひ書かずソリティアをする声もたてずに

朝霧のやがてあがりて山の辺にたなびき残る斐伊川にそひ

湖が見えるスターバックス喧騒に『そらみみ』読めば空はあかるむ

山羊の乳のチーズケーキを試食してみつつばかりを包んでもらふ

木芽月小草生月雪消月二月氷雨の降りみふらずみ

妹の送りくれたる土佐文旦ひらけばむつちり段ボールに満つ

土佐文旦届きしうへは母のごとむき身にしたりひと房づつを

おとうちやんの本棚にある『幽霊』をソファーの陰にこはごは開く

『楡家の人々』その大方は忘れたり茂吉にであふ半世紀の昔