f_blue な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 巣食ひたるもの胸郭を軋ませる動くなそれが通過するまで

<<   作成日時 : 2009/02/08 22:02   >>

トラックバック 0 / コメント 19

画像







セグロセキレイ。

この辺りでは雀くらいよく見かけます。
雀のやうに集団ではなく、一羽か二羽ですけれど。

ハクセキレイはもつと少なくなつて、キセキレイになると、めつたに見られません。
キセキレイの腹の黄はほんとうに美しい。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(19件)

内 容 ニックネーム/日時
文さん、おはようございます。某会場への書き込み、今朝の分にておしまいのつもり。ちょっと檄を飛ばしちゃったい! ^^;
しかしこの歌の「それ」はこの一首だけではわからないよう! 「そんなことはありません、わかるはずでせう、この節穴!」とか言う? ^_^;
tamaya
2009/02/09 07:49
☆tamayaさん
おはようございます。
ちょっと見てきました。
このたびはたくさんの批評と励ましをありがとう。
まだ少し混沌から抜け出せないでいますので、もう少ししたら全体を通してゆっくり読もうと思っています。
えっと、「檄」に関しては、わたしには詩的飛躍が乏しいので、難しそうです^^;

「それ」確かに分かりませんね。この前後数首はまとまってできたので、どうしても前後の歌が寄りかかりあっていますです。

2009/02/09 08:14
巣食ひたるもの胸郭を軋ませる動くなそれが通過するまで

この歌、いいですね。ぐっと来ます。
すごい力。解りにくいけど解る、みたいな。
テキ
2009/02/10 01:52
「胸郭を軋ませる」の主体がわかりにくいんですね。
「動くな」というのはいいじゃないですか。


あ、こんにちは
いごっそ
2009/02/10 08:35
☆テキさん
ぐぅわぁぁんん、と出てきたままの歌でした。
うれしいなぁ。

☆いごっそさん
ようこそ!
主体は「巣食ひたるもの」なんですけれど、じゃぁ「それ」は何?
とりあえず、勢いだけの歌ってことでしょうか…

2009/02/10 09:04
正直、名歌になりそこねたって感じですね。

いや〜失礼な言い方しました。

巣食ひたるものの胸郭軋む音 動くなそれが通過するまで

文さんの歌のほうがいいかな・・
いごっそ
2009/02/10 11:17
☆いごっそさん
な、なりそこね…
うう。

>巣食ひたるものの胸郭軋む音 動くなそれが通過するまで

「音」で切れるのが微妙かなぁ。結句まで一気に行くのがとりえの歌のような気がしますので。
それと「せる」、能動ではなく、使役が「こわい」気が。

2009/02/10 12:05
横入り失礼します。

よく分かる歌だと思います。
「それ」はこの一首ではもちろん明示されておりませんので
「これ」と言い示すことはできませんが
でも、誰にとっても身じろぎせずにただ通り過ぎるのを
待つ、必死で耐えるより他に対処のしようがない「それ」があるわけで
この一首で普遍性を獲得していると思います。

強い印象とヘビーでありながら力を与えてくれる歌。
好きです。

URL
2009/02/11 19:01
ああ・・・。
文さんところではいつもへんな改行を入れちゃって後悔する。

2009/02/11 19:48
☆燕さん
改行、たぶんこのコメント欄のせいだと思いますです。気を使わせちまって^^;

>誰にとっても身じろぎせずにただ通り過ぎるのを
待つ、必死で耐えるより他に対処のしようがない「それ」があるわけで

うれしいです。
わたしひとりの感覚でなく、理解してくださる方がいて!
わたしは自分勝手な人間で、どうしても言わずにいられないときは、わがままに歌にしてしまうのですが、それを読んで、評をくださる方がいる、それだからこそ歌を詠み続けられるのだと。。。

わたしももっと歌が読めるように、評が書けるようにがんばらなくっちゃ。

2009/02/11 21:01
 私はこの歌…躍動感があって好きですね。

 わたしのうちにあるものを考えたとき、これまで使ってきた言葉としては「発作」と似ていますが、この上の句の表現は、それよりも詩的ですね。
 病気という意味ではありませんし、表面的には静かかも知れませんが、内面で起きていること…。
やねうらねこ
2009/02/11 21:38
☆やねうらねこさん
躍動感、ですか。。。
いったん自分から出た歌は、こうして様々に読んでいただいて、次第に変貌していくのですね。
面白いなぁ。
嬉しいなぁ!

2009/02/11 22:24
ちょっと前の記事への再コメントですみません。

>わたしは自分勝手な人間で・・・・

Oh! Me,too!! ^ ^;
歌会に出した自分の歌、「よくわからない」と言われることが多いです。当然歌意は通じるはずと思ってたのに・・・と不思議な気持ちになります。まあ、みんな似たようなものかな?

過日、横浜歌会に出した《「刃を研がぬ奴に限つて歌ふのね?」声なだれつつ由香は寄り来ぬ》(この時の課題は「人名の入った歌」)、酒の席で「歌人」を批判しながら妖しく寄ってくる同僚の由香さん、のつもりでしたのに、場面は銀座あたりのクラブ、由香はホステスだろう、それもかなりインテリ系のホステス、などと言われて、作者はのけぞっておりました。^^;
tamaya
2009/02/13 07:36
お莫迦コメントの追伸。^^;
上記の拙詠は当然カラオケか何かの「歌ふ」と思われたのでした。銀座のクラブにカラオケなんてある? 行ったことないんでわかりませぬ・・・
tamaya
2009/02/13 07:41
☆tamayaさん
歌会で、歌の中に「歌」とでて「カラオケ」になる発想が素敵。わたしなど想像力がないから、歌は短歌としか思えませぬ。
きれいなおねえさんのいるバーに行ったこともないし。

インターネットに繋がりにくくなっています(><)
文@ケータイ
2009/02/13 08:24
あの文さんお願いがあります。
ぼくのブログから文さんところにリンクはらせてもらっていいでしょうか。
それと、もしお嫌でなければなんですが、ぼくのお気に入りの一首としてリンクのところにこの歌を紹介させてもらいたいのですがいかがでしょうか。
無理ならあっさり断ってくださってかまいませんのでご検討よろしくお願いします。

URL
2009/03/16 15:08
☆燕さん
ありがとう。ぜひお願いします、リンクも引用も!
どしどししてやってください。
わたしが日々自分の歌をアップしているのは、批評をいただくことを願ってです。技術評を含めて、批評をいただけることが、一番嬉しい。
どうぞ、よろしくお願いします。
そして、悪い点はがんがん言っちゃってください。
その時は落ち込むけれど、何故か歌に関しては復活します。そして批評をください、なんて言っといて、反論したりするかもしれないけれど、そんなことも気にしないで、言っちゃってください。
まぁ、ぷち歌会みたいなのりで。

2009/03/16 17:32
ありがとうございます♪
ではさっそくリンクはらせていただきます。

んー。
批評っていうか文さんの歌をすぐ読みに来れるようにお気に入りリンクって感じですけど。
でもおっしゃることは分かりますので何か思ったことがあったら率直にコメントさせていただきます。

ありがとうございます。

URL
2009/03/17 11:21
☆燕さん
お時間があるときでいいんです、辛口一言評を^^

わたしも、リンクさせてくださいね。たぶんすぐにはできないと思うけれど^^;
最近、いろんなことに時間がかかります。
こちらこそ、ありがとう。

2009/03/17 13:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
巣食ひたるもの胸郭を軋ませる動くなそれが通過するまで  f_blue な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる