f_blue な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 山の端に日が沈みゆくときの間のそんなにひどいことを言へるの

<<   作成日時 : 2017/12/15 07:59   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像






そうそう、年賀状の準備をしなくつちや。


と言ひつつも、結局25日過ぎちやうのよね。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
枇杷の花、天鵞絨の西洋の貴婦人の花飾りみたいで、大好きです。
いいもの見せてもらったわ。
ツバキ
2017/12/15 09:54
☆ツバキさん
いつも、ありがと💛
枇杷の花って、春にも秋にも見る気がするなぁ。カン違いかなぁ。秋に咲いて、実がなるのは初夏の頃で、ずいぶんと実がなるまで時間がかかるのね。
こども達が小さい頃、食べた枇杷の種を庭隅の小さな土盛りに埋めたらね、芽が出てきたのね。で、みんなで、枇杷って何年たったら実がつくのかなぁ、なぁんて楽しみにしてたら、おばあさんが自分が植えた肥後椿の邪魔になるからと抜いてしまって、情けない思いをしたことを、今、思い出しちゃった^^;

2017/12/15 10:08
友人が越した家の庭に立派な枇杷の樹がありました。二年前に若いご夫婦が住むようになりましたが、枇杷は実をつけ花を咲かせ仰げば友に会えたようで嬉しかった。でも昨日、枇杷の樹が根元から切られて無くなっていました。
枇杷の花をいつも下からばかり見ていたのに、上から見ると写真のように美しいのですね。生き生きとして。
虹のかけら
2017/12/15 11:03
☆虹のかけらさん
わたしの散歩道沿いの枇杷の木は下枝が目の高さくらいなので、カメラを近づけて撮ることができるの。枇杷の実のふわふわ産毛のようなのに、花もくるまれてて、地味だけど温かい雰囲気^^

若い人は、枇杷とかあまり食べないのかなぁ。わたしの子供の頃は、畑の端っこやや山際に枇杷の木があって、遊びの続きでみんなで食べてたなぁ。
その枇杷の木、背が高いと庭が日陰になるし、まぁ今風の庭の雰囲気には合わなかったのかもしれませんね。木で完熟したのを、自分で捥いで食べる楽しさは、スーパーで買う大きくて甘い枇杷とは、また違った美味しさがありますよね。

2017/12/15 11:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
山の端に日が沈みゆくときの間のそんなにひどいことを言へるの f_blue な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる