f_blue な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 短歌人誌 7月号より その3 会員2

<<   作成日時 : 2017/07/10 20:36   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像







ナタデココ食べれば急に(ごめん今からしばらくは気分が落ちる)     笹川諒 

   ナタデココと気分が落ちることとは、なぁんも関係ない。
   関係ないけど、気分が落ちるときは、こうして気分が落ちる。


抜けかはる犬の冬毛がさはさはと桜散らしの風にとびゆく     田上義洋

   犬の抜け毛だ。


初めての譲られし席に座りたり晴れて老人とわれはなりたる     矢野義信

   自分で車を運転することがほとんどで、公共交通機関に乗る機会が少ない。
   ふぅむ、どんな気分かしら。
   晴れて、に少しばかりの自嘲が見え隠れ。


常山の稜線ほのかに膨らみて霞の中に笑ふ声する     福竹良子

   叙景から、いきなりの笑う声、って・・・。
   シュールだ。


母の見る幻さへもよき日なりわれはお茶出すあの世の父へ     古川陽子


ミンガスの曲が途切れて現実は陳列される交差点前     高良俊礼

   ミンガス、って、ジャズ・ベーシストみたい。


ピアニストは筋力がいるユジャ・ワンの露出の多き衣装におもふ     柊慧

   こちらはクラシックのピアニスト。
   演奏家つて、アスリートなのよね。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
短歌人誌 7月号より その3 会員2 f_blue な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる