f_blue な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 短歌人誌 二月号より その六 会員1欄

<<   作成日時 : 2017/02/13 20:40   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像






秋の夜や 家ではいかな名前もて呼ばれをりけむ清少納言は     岩崎堯子

   こう言ふ発想ができる歌人、あやかりたい。
   歌の佇まひや美し。


居間にあればテレビ見やすき正面に座して家長の面目たもつ     高井忠明

   家長、こう言ふ発想・・・、お疲れ様。


ああもどかしく四十代は茜雲 コーヒー微糖ピッと押したり     古賀大介

   そうか、四十代つて、わたしももどかしく苦しかつた。
   下句が秀逸。


まじめだといわれ続けて過ごしきし歳月のこと少しくやみぬ     野上卓

   まじめに過ごしても、不真面目に過ごしても、悔いは残るのだろうなぁ。


山あいの日の暮れ早し黍の皮はぎつつ夫と二人し居れば     坂東榮子

   日の暮れまで、夫婦二人して立ち働く暮らし、はや。


部屋にいて毎日同じことをするちょっと片付けもっと散らかす     天瀬夕梨絵

   日日やいとほし。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
短歌人誌 二月号より その六 会員1欄 f_blue な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる